ドコモipv6申し込み(最もお得なプロバイダ)

一番得するドコモ光のプロバイダとは?

ドコモ光の導入を検討している人は、とにかく安くて、回線が安定していて、キャッシュバックが確実に受け取れるところを選びましょう。

当サイトでは、光回線のサイトやモバイルWi-Fiのサイトを長年にわたって運営してきた私が、あらゆる切り口からドコモ光のプロバイダーを比較検証しています。

ドコモ光の中で一番最強のプロバイダーはどこなのか、月額料金の安さや、キャンペーンの豊富さや、確実に受け取れるキャッシュバックなどから比較していきたいと思います。

キャッシュバックキャンペーンが高額でも申請が複雑で受け取れなかったみたいなことにならないように、当サイトを参考にしてください。

ドコモ光で一番特典が多くて安いプロバイダ

結論から言ってしまうと、ドコモ光の一番最強のプロバイダはGMOとくとくBBです。

なぜかというと、ドコモ光のすべてのプロバイダの中で回線のスピードや安定性の口コミが高評価で、オプション不要で2万円もキャッシュバックがもらえたり、ユーザーにとってとにかくお得なメリットが多いです。

なお、ドコモ光に申し込むときは代理店から契約するのはやめておきましょう。

なぜ代理店がおすすめできないのかというと、キャッシュバックまでの時間が半年とか1年とかそういうレベルだからです。

詳しいことは当サイトで解説しています。

ドコモ光にGMOとくとくBBから申し込みを検討しているという人は、次のページから申し込めば簡単にキャッシュバック申請を完了することができます。

プロバイダ選びをやることによって具体的に何のメリットがあるのか?

プロバイダを比較する前に、プロバイダを変更すると何が違うのかを解説していきたいと思います。

光回線自体はドコモ光だったとしても、プロバイダーを変えるだけで次のような箇所が変わってきます。

キャッシュバックキャンペーンの総額、ルーターが無料かどうか、回線の実測スピードなど。

どこをどういう風に選んでいけばいいのか検証していきたいと思います。

選び方1 毎月の料金が安いタイプかどうか

ドコモ光はプロバイダ各社によって月額料金に差があります。

料金が数百円高いタイプBと安いタイプAがあります。それぞれの対応プロバイダは以下になります。

戸建て月額料金 タイプA:5,720円 タイプB:5,940円

マンション月額料金 タイプA:4,400円 タイプB:4,620円

タイプA:ドコモnet、ぷらら、ビッグローブ、DTI、GMOとくとくBB、@nifty

タイプB:OCN、@Tcom、AsahiNet、TNC、WAKWAK、ちゃんぷるネット

実を言うと、このタイプというのは回線が速いとか遅いとかそういう問題ではなくて、ドコモとどういう契約体系をしているかによるのです。

正直言ってどちらのタイプを選んでも回線速度やオプションなどに違いはありませんので、安い方を選んだ方がいいに決まっています。

毎月数百円の違いだったとしても、年単位で考えると数千円以上の差額になります。なので、プロバイダはタイプAから選んだ方がいいでしょう。

上記にはないタイプのプロバイダでも契約できますが、月額料金はもっと高くなるのでおすすめしません。

選び方2 回線が安定しているかどうか

実際の回線速度は速いか、安定して使えるかどうかを見ていきましょう。

そもそもドコモ光の最高速度というのは最大で1Gbpsとなっていますが、これはベストエフォートといって理想的な数値に過ぎません。

光回線などのインターネット回線の本当の実測値をしるためには、実際に今現在ドコモ光を利用している人の情報を信頼するのがいいですね。

GMOとくとくBB 284.7Mbps

ドコモnet 253.5Mbps

OCN 236.0Mbps

@nifty 203.9Mbps

ハイホー 100.8Mbps

上記のようにドコモ光はプロバイダ各社によって50Mbpsくらい違ってきます。

これはv6プラスという最新の規格に対応しているプロバイダと、対応していないプロバイダの違いによるものです。

また他には、レンタルしている端末の性能の違いによって回線速度に違いが生まれます。

選び方3 Wi-Fiルーターが無料かどうか

また次のプロバイダの選び方のコツとしては、無料でWi-Fiルーターが使えるかどうかをチェックしましょう。

スマホでもゲームでも直接4Gの回線につながないで、Wi-Fiを経由してつないでいる人が多いと思います。

Wi-Fiを飛ばしているルーターを自分で要しなければいけないところと、プロバイダ側から無償で貸し出してくれるところがあるんです。

Wi-Fiの端末を無償で貸し出してくれるところと自分で用意しなければいけないところには次のようなところがあります。

無料レンタルあり:ぷらら、ビッグローブ、OCN、hi-ho、GMOとくとくBB、@nifty

無料レンタルなし:ドコモnet、DTI、@Tcom、AsahiNet、WAKWAK、エディオンネット

たとえばですが、ドコモネットでは端末をレンタルすると毎月約300円、購入すると7000円くらいかかってしまいます。

ルーターは種類が多くて、間違ったものを選ぶと回線速度が落ちてしまったり、安定しなかったりします。

端末について詳しくわからないという人は、無料で端末をレンタルしているところを選びましょう。

選び方4 キャッシュバックの金額

最後のプロバイダ選びのコツとしては、キャッシュバックでいくらもえるかです。

主要なプロバイダのキャッシュバックキャンペーンは以下のようになっています。

GMOとくとくBB CB額:20,000円 受取時期:5ヶ月後

OCN CB額:20,000円 受取時期:2ヶ月後

@nifty CB額:20,000円 受取時期:12ヶ月後

plala CB額:15,000円 受取時期:5ヶ月後

これら以外のプロバイダで契約したとしてもキャッシュバックはもらえません。

プロバイダはどこを選んだとしても最高速度などは変わりませんので、せっかく契約するのであればとにかく特典が豊富で一番得するところを選びましょう。

なお、どこのプロバイダから契約したとしても、工事費無料キャンペーンは適用してもらえるので、そういった点では安心ですね。

ドコモ光の主なプロバイダを比較してみました!

では、ここまでのポイントを踏まえて、主なプロバイダの比較表を見てみましょう!

GMOとくとくBB 平均速度:284.7Mbps CB額:20,000円

ぷらら 平均速度:228.4Mbps CB額:15,000円

@nifty 平均速度:203.9Mbps CB額:20,000円

hi-ho 平均速度:100.8Mbps CB額:なし

ビッグローブ 平均速度:240.3Mbps CB額:なし

すべてを踏まえて一番おすすめのプロバイダはやはり「GMOとくとくBB」ですね。キャッシュバックも高額な部類に入って、回線速度も速くて、端末も無料です。

最近のコロナでテレワークやオンライン会議など、安定的な高速インターネット環境というのはとても重要な要素になってきています。

ネット環境はなるべく高速で安定していることが大切だといえるでしょう!

ドコモ光で最強のプロバイダはダントツでGMOとくとくBBでした!

ドコモ光でとにかくおすすめなのがGMOとくとくBBですね。回線速度も申し分なくてキャッシュバックも高くて、その他のキャンペーンも充実しています。

パソコンだけでなくてタブレットやゲーム機などでもWi-Fiを使いたい人のために、高速の最新機種をレンタルしてくれます。

GMOとくとくBBは公式サイトから申し込むことにより高額キャッシュバックなどの特典を受け取ることができます。

GMOとくとくBBの実際の具体的なメリットとは

メリット1 口コミがよくて回線が安定している

GMOとくとくBBでは、毎月サイト上で実際のユーザーの実測値を後悔していて、最新のものだと下りが平均で340Mbps、上りが300Mbpsとなっていて、かなり高速ですね。

他社のプロバイダでは基本的に速度は後悔されていないので、GMOとくとくBBは通信速度に対して圧倒的な速さと自信をもっています。

公式サイトのデータだけではなくて、SNSなどの口コミも参考にしてみると、600Mbpsくらいでているひともたくさんいるくらいです。

なぜこんなにも回線速度が速いのかをGMOに聞いてみたところ、設備投資をかなり投資資金を上げているとのことです。

他にも、プレステやスイッチなどのゲーム機でも快適に使えるという口コミがたくさん寄せられています。

快適につながるネット環境は欠かせませんよね。実際に楽しんでいる口コミが多いと信頼感が抜群にあります。

メリット2 高級な機器が無料で使える!

GMOとくとくBBではamazonや楽天などで購入すると、高価なルーター端末を無料で貸してくれます。

さらに、この端末をGMOで初期設定を終わらせてくれているので、家に届いたらUSBを接続してすぐに使うことができるという優れものです。

メカに詳しくない人は面倒な設定などをせずに直接使えるというのはとても優れているといえるでしょう。

ドコモ光の工事日程が決まると、Wi-Fiルーターの手続き案内が届きます。

工事日程までに到着するように、この案内がきたらすぐに手続きをするようにしましょう。

メリット3 オプション条件なしで2万円のキャッシュバック

GMOとくとくBBのキャンペーンサイトから契約すると、光回線の本契約のみで、オプション一切不要で、2万円もの現金をキャッシュバックしてもらえます。

2万円もらえるプロバイダといえば、@niftyもありますが、こちらは、スカパーなどいろいろなオプションをつけてこそもらえるものなので、GMOとくとくBBがどれだけお得かがわかりますよね。

また他にも、dポイントや家電量販店のキャッシュバックは利便性が悪いのでおすすめできません。

こういった点では、GMOとくとくBBなら5ヶ月後に現金で振り込んでもらえるので、とても便利ですね。

GMOとくとくBBにもデメリットがある

デメリット1 速度が遅くなることもある

光回線のスピードが高速で安定していると有名なGMOとくとくBBですが、不安定になってしまう瞬間もあるにはあります。

固定回線だけではなくて、モバイルルーターなども、自宅の周辺環境などに大きく影響を受けるので、ある程度の理論値はわかっても、本当の実測値というのは使ってみるまでわからないものです。もちろん不具合ないスピードは保証されています。

とはいっても、せっかく光回線を導入したわけですから、なるべく遅かったり不安定なのは避けたいですよね。

光回線を使用中に遅くなってしまったり、回線が不安定になってしまったりしたら、v6プラスで接続中かどうかを確かめてみるというのも一つの手ですね。

光回線の速度が不安定になってしまったりしたら、v6での接続かどうかを確認できるサイトにアクセスしましょう!

そもそもv6プラスでインターネットに接続するというのは、GMOとくとくBBのルーターなら自動的にできているものなのです。

v6プラス接続を実際に利用しているお客さんの口コミを見てみると、かなり早くなったという口コミをよく見かけますね。

v6プラスになっているのに回線速度が遅かったりした場合は、LANケーブルを新品にしてみたりしましょう。

デメリット2 キャッシュバック手続きのメールに注意

GMOとくとくBBは、光ファイバーが開通してから4ヶ月目にキャッシュバックの案内通知メールが送られてきます。

ですが、このキャッシュバックの案内メールが届くのは、いつも自分が使っているメールではなく、GMOとくとくBBを契約したときに登録したメールアドレスになります。

どういうことかというと、GMOとくとくBBのキャッシュバック案内メールは、自分のメールボックスを見ているだけではだめで、自分でアクセスする必要があります。

なので、ドコモ光が開通完了したら、カレンダーなどで4ヶ月後にキャッシュバック申請メールが来ることをリマインダーしておきましょう。

ちなみに、キャッシュバックの申請には期限があって、申請案内メールが到着したら翌月の末までに登録を完了させないとキャッシュバックがもらえなくなってしまうので注意してください。

ドコモ光のプロバイダを変更するには?

ここからは、ドコモ光のプロバイダだけを変更したり変更するステップを解説していきたいと思います。

自分が選んだプロバイダが合っていないと思ったら下記のようなステップを踏めば変更ができてしまいます。

1,カスタマーサービスやショップに問い合わせる

2,書類が送られてくる

申し込みからプロバイダを切り替える日数は最短で1週間くらいです。希望日があるのであれば自分で申し込むこともできます。

ちなみに、ドコモお客様サポートセンターは、ドコモのスマホを持っているのであれば151でつながります。

お客様センターが混み合っていてつながらないときは、ネットから予約するという手もあります。

プロバイダを変更すると事務手数料として約3000円かかりますが、この3000円は翌月のドコモ光の月額料金から引き落とされます。

ドコモ光の一番得するプロバイダの選び方とは?

ドコモ光のプロバイダは結局のところどこが一番お得なのでしょうか。

回線を選ぶ時はプロバイダがとても重要になってきて、プロバイダ一つで何万円も得したり損したりします。

ドコモ光の中で大量にあるプロバイダの中でも、確実に受け取れる受け取りやすい高額キャッシュバックをやっていて、キャンペーンが充実しているのは、ダントツで「GMOとくとくBB」になります。

このサイトでは光回線を知り尽くした管理人の私が、ドコモ光で最強クラスのプロバイダを厳選してお伝えしているので、ドコモ光の導入を検討している人は是非参考にしてみてください。

当サイトを一度読んでいただければ、ドコモ光のプロバイダで一番得するところがわかっていただけると思います。

ドコモ光で最高のプロバイダを選ぶ方法

一番得して、満足感があるようなプロバイダを選び抜くためのコツなどをここでは詳細に解説していきたいと思います。

ですが、ポイントを見極める前にプロバイダとはなんぞやという基礎的なことについて解説しておきたいと思います。

そもそもとして、プロバイダというのはネット世界に接続するための関門みたいになっていて、プロバイダを中継しない限りネットに接続することは不可能です。

だいたいの光回線はプロバイダとセットでの申し込みとなっているところが多いですが、別個に契約することもできるのです。

また、プロバイダから光回線を契約することにより、今までよりも得するキャンペーンを受けられるパターンが増えてきています。

ドコモ光を契約するときにセットで申し込めるプロバイダにはいくつかあって、有名どころでいうと、GMOとくとくBB、ぷらら、@nifty、などがあります。

とはいっても、キャンペーンなどの特典の充実度は各社異なっていて、プロバイダ選びを間違えると大幅に損してしまう可能性もありますので慎重に選びましょう。

ポイント1 高額なキャッシュバック

ドコモ光の公式サイトや、店舗から申し込むのではなくて、プロバイダのキャンペーンを通じて申し込むことにより、独自の特典を手に入れることができます。

ちなみに、独自のキャンペーンを最も最高額受け取ろうと思ったら、オプション条件が不要で、一番高額のキャッシュをバックしているところを選びましょう。

GMOとくとくBBのキャンペーンなら、2万円ものキャッシュバックをしていて、最高額の現金がもらえます。

ポイント2 月額が安くなるかどうか

ドコモ光ではプロバイダを自分の意志で選択することができますが、毎月支払う基本料金はいくつかに分かれており、中でもタイプAのものを選びましょう。

たくさんあるプロバイダの中には料金が安いAタイプと、料金が高いBタイプがありますが、回線のクオリティーは変わらないのでご安心ください。

また他にも、単独タイプといわれている、プロバイダとセットになってないプランでは、基本料金は安くなっていますが、プロバイダとの契約が別個に必要になってくるので、結果的には高くなってしまう計算になります。

ポイント3 ルーターや機器の無料レンタル

ドコモ光のプロバイダの中には、ネット環境を楽しむためにも必須なWi-Fiルーター端末を無償で供与しているところもあります。

Wi-Fiルーターを接続することにより、家中どこにいてもタブレットやパソコンやスマホで光回線を楽しむことができるので、端末はあった方がいいですね。

ドコモ光のプロバイダの中には高級なルーター端末を用意しているところもあるので、持っているという人でも新しくしてみる絶好のタイミングなのではないでしょうか。

ポイント4 セキュリティがしっかりしているか?

プロバイダによっては無料のオプションとしてセキュリティソフトを無料で使わせてくれるところもあります。

無料でウイルス対策ソフトを使えるのは1年くらいなので、こういう対策を万全にしておけば快適な光回線が使えると思います。

ポイント5 回線速度と安定性

ドコモ光のダウンロードの最高速度は1Gbpsとなっていますが、プロバイダの選び方を間違えると十分の一くらいになってしまうことも十分あり得ます。

そもそもネット環境というのは、その地域ごとに基地局がありますが、エリアごとにプロバイダの設備があります。

さらに、基地局に対する利用者が多ければ多いほど混雑するので、通信速度がどうしても遅くなってしまう可能性があります。

v6プラスという接続方式になっているプロバイダを選択して、v6プラスに対応したルーター端末を使えばこの問題は解消されるでしょう。

v6プラスという接続なら混雑を生み出しにくくなるので、回線が不安定になったりということも解消されるでしょう。

ここまでで、ドコモ光のプロバイダを選ぶコツをすべて解説してきましたが、すべて満たしている当サイトイチオシのプロバイダが「GMOとくとくBB」なので、ぜひ検討してみてください!

ドコモ光で一番おすすめのプロバイダはこれだ!

実際のところドコモ光が一番お得になるプロバイダがどこなのかを検証してみました。

v6プラスという技術はプロバイダの接続方式で、混雑しない最新の方式となっています。

エリア内で光回線が混雑しているとたまに遅くなったりしますが、そういった心配が少ない接続方式です。

v6プラスの接続をしているプロバイダの口コミで遅くなったという口コミを見かけたことがないくらいの快適性となっております。

GMOとくとくBB キャッシュバック:20,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

@nifty 20,000円 キャッシュバック:20,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

ぷらら 15,000円 キャッシュバック:15,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

OCN 20,000円 キャッシュバック:20,000円 タイプA:× 無料ルーターレンタル:× 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

DTI キャッシュバック:なし タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

BIGLOBE キャッシュバック:なし タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

上記の一覧表のように、GMOとくとくBBなどは2万円もの業界最高峰のキャッシュバックキャンペーンがあります。

なんとGMOとくとくBBは2万円の業界最高峰のキャッシュバックをやっているだけではなくて、無料でルーター端末をもらうこともできます。

なのでクオリティーがナンバーワンに高いプロバイダなのですが、端末がハイクオリティーなので最高速度が非常に速いということです。

GMOとくとくBBの端末がどれくらい早いのかが一目瞭然にするために、他のプロバイダでレンタルされている端末と比較してみました。

GMOとくとくBB WSR-2533DHP3(BUFFALO) 小売価格:約9000円 1733Mbps 800Mbps

ぷらら WN-AX1167GR2(IODATA) 小売価格:約5000円 867Mbps 300Mbps

@nifty WRC-1167GST2H(ELECOM) 小売価格:約7000円 867Mbps 300Mbps

上記の一覧を見てみると、GMOとくとくBBで無料でもらえるルーターが他のプロバイダのものよりダントツで早いですね。

ルーターの端末はすべて5Ghzと2.4Ghzを使用することができますが、それぞれで最高通信速度が変わってきます。

v6プラスという最先端の高速通信が使える環境にいるのであれば、端末機器も最新の超高速で通信できるものを使えば鬼に金棒ですね!

最高速度を誇る端末を無料でレンタルできるので、GMOとくとくBBは他のプロバイダよりも圧倒的に優秀だといえるでしょう。

キャンペーンや実質月額面でもナンバーワンですが、こういったところでもダントツですごいGMOとくとくBBが最強のプロバイダだと思います!

ドコモ光のプロバイダなら間違いなく「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBBは東証一部上場企業のGMOが運営しているプロバイダで、ドコモ光を検討している人には一番おすすめのプロバイダです。

GMOとくとくBBならオプションをつける必要なしで2万円と、ドコモ光のプロバイダで最高峰の現金をもらえるほか、以下のような特典ももらうことができます。

1,dポイント最大2,000pt

2,Wi-Fiルーター無料レンタル(v6プラス対応)

3,ドコモ光専用無料訪問サポート(1回)

4,セキュリティ1年間無料(マカフィー)

これらのような特典が無料でたくさんもらえるので、これから光回線を安心して快適に使えると思います。

たとえば、ドコモ光を公式サイトから申し込んだらほとんどなにももらえませんが、プロバイダ経由で申し込むだけで、数万円のキャッシュバックがもらえますし、その他のいろいろな無料オプションが付いてきます。

ドコモ光の契約期間が2年間だとして、最初にもらえるキャッシュバックの金額を総額から引いてみると実質月額料金がかなり安くなる計算になります。

もしドコモ光公式サイトからキャッシュバックなしで申し込んだら月額がだいたい4500円くらいになり、GMOとくとくBBのキャッシュバックで割引をしたら3800円くらいになります。

GMOとくとくBBなら実質月額料金がかなり安いというメリットがありますが、さらにいいところは通信速度がハイスピードで安定しているというところではないでしょうか。

GMOとくとくBBなら、圧倒的に高速通信ができるv6プラスに対応している接続方式で、ハイスペックなルーター端末を貸し出してくれるのでおすすめです。

GMOとくとくBBの場合は回線速度が安定していて高速だという口コミがネット上に多く散見されていて信頼感も抜群です。

プロバイダだけを変えたいときは?

ドコモ光を使っている利用者の方であるならば、プロバイダの変更について考えている人もいるかもしれませんね。

この項目では、ドコモ光のプロバイダを変更手順について詳細について解説していきたいと思います。

プロバイダを解約するときの金額

ドコモ光でプロバイダだけを変更する時は、以下のような手数料がかかるようになっています。

ドコモに支払うプロバイダ変更に伴う事務手数料が3300円、プロバイダの違約金などです。

なお、単独タイプからタイプAまたはBへの変更は事務手数料がかかりません。

プロバイダの基本的なサービスの解約はドコモ光が代わりにやってくれます。

ですが、ドコモ光が代理でやってくれるのはメインの部分のみで、オプションの解約や解約料の支払いなどは自分自身で行う必要があります。

ドコモ光へ連絡して変更する

プロバイダの基本的なことであれば、次のような手順を使えばプロバイダを変更することができます。

プロバイダ変更の手順というのは、インフォメーションセンターへ連絡してショップへいくだけです。

とはいっても、プロバイダを契約するときに追加のオプションなどを契約しているときは、自分でプロバイダに連絡しなければなりません。

プロバイダへの連絡が必要かどうかを確かめるときは、ドコモ光に連絡してみましょう。

プロバイダを乗り換えると得をするのか?

プロバイダ自体の変更はすぐにできてしまうので、満足いかなければどんどん乗り換えていってもいいのではないでしょうか。

プロバイダの乗り換えを検討している人のほとんどが、回線が遅いとか安定しないとかそういう理由があると思います。

こういう回線速度の不安定性に不満足感をもっているお客様はGMOとくとくBBなどのようにv6プラスの接続技術をもっているプロバイダに乗り換えましょう。

公式のキャンペーンとプロバイダのキャンペーンがある

プロバイダがやっている割引キャンペーンやキャッシュバックキャンペーンにくわえて、ドコモ光自体でも公式としてやっているキャンペーンが以下になるので、ぜひダブルで特典を受け取りましょう。

ドコモが公式サイトでやっているキャンペーンとしては、工事費が無料になるものと、ドコモ光セット割りという2つの割引があります。

ドコモ光のセット割り

ドコモ光の公式キャンペーンには、ドコモの携帯ユーザーであれば、持っている回線数x1100円の割引がしてもらえるという大変お得な割引となっています。

たとえば、家族3人暮らしで、全員がドコモのスマホを契約しているとしたら、次のような月額料金になります。

戸建てプラン 月額料金:5,720円 割引額:3,300円 割引後の月額料金:2,420円

マンションプラン 月額料金:4,400円 割引額:3,300円 割引後の月額料金:1,100円

これらのように、家族みんながドコモのスマホを使っているとしたら、ドコモ光のセット割りはかなりお得になります。

ドコモ光の工事費が無料になる

ドコモ光では工事費無料キャンペーンというものも実施しています。

現時点でNTTの回線を使用していないご家庭の場合は、一軒家の場合は約2万円、マンションの場合は約16000円が無料になります。

以上のようなことから、ドコモ光1ギガを新規に契約して、申し込みから7ヶ月以内に利用開始をすると、本来であったら2万円くらいかかる工事費が無料になります。

ですが、NTT回線を現時点で利用している人は、キャンペーンを使わなくても、工事費無料で使用することができます。

ドコモ光の疑問質問に回答

ドコモ光のプロバイダの選び方などについて解説してきましたが、ここではドコモ光のプロバイダ、ドコモ光についての疑問点などについてまとめてみましたのでぜひ参考にしてください。

ドコモ光でゲームをやりたいのですがおすすめはありますか?

ドコモ光でプレステなどのゲームを快適にやりたいときは、ドコモ光の回線速度をマックスで活用できる、v6プラス接続に対応しているプロバイダを選ぶことが肝要です。

ドコモ光の中でも数あるプロバイダでGMOとくとくBBは高機能なWi-Fiルーターを無料で貸し出していてとても評判がいいプロバイダとなっております。

プロバイダがv6プラスの接続方式になっているところは、スマートな接続ができるので、快適なネットライフを送れると思います。

回線を移転するときはプロバイダへも連絡が必要?

ドコモ光のサービスを引っ越す場合には、プロバイダに特別に連絡を入れる必要性はなくて、ドコモ自体のお客様サポートセンターから手続きを完了させることができます。

ちなみに、ドコモ光の公式サイトから移転の手続きをすることによって、ドコモのポイントがもらえるのでお得になります。

移転先においては回線工事が必要なパターンもあるので、最低でも2週間以上前からは手続きを済ませておきましょう。

ドコモ光の回線でテレビを見れますか?

ドコモ光のテレビオプションをつけると、アンテナがいらずに無料のBS放送を楽しむことができますし、4K放送も見れます。

テレビオプションの料金としては、月額825円がかかって、スカパーなども見ることができます。

普通の光電話をドコモ光の光電話に変えるとき

転用の手続きは必要で、転用したときはこれまでに使ってきた電話番号は引き継ぎという形になります。

また他にも、ドコモ光と光電話を同時に契約したときには、工事費用は無料になります。

プロバイダだけを変えたいのですが?

ドコモ光を契約したあとでも、プロバイダだけの変更はできます。カスタマーセンターから変更しましょう。

ですが、プロバイダの変更には事務手数料約3000円がかかります。プロバイダの違いによってドコモ光自体の基本料金も変わったりするので注意しましょう。

自宅に光ファイバーが引き込んである場合

作業員の工事がなくて、ドコモ光に申しこんで、ドコモ光を開通させるためには、以下のような理由があります。

auひかりやソフトバンク光などからドコモ光へ転換したときは、光回線がすでに自宅に引き込まれているので工事が不要になります。

上記のような場合は、すでに設置されている光回線でドコモ光を開始することができます。

派遣なしで工事を完了する場合でも、手数料として2200円が必要になるので注意しましょう。